ACCの挑戦

ACC(アクティブセーフティ)とは、自動車などの安全技術のうち、運転者の安全運転を支援して、特に事故など不測の事態を未然に防ぐための技術のことです。 日本語では「能動的安全」や、「予防安全」などと訳されることもあります。
車の安全技術については、このほかに、万一事故を起こしてしまったときにも、乗員への被害を軽減するための技術「パッシブセーフティ(衝突安全)」というものもありますが、どちらも、近年の電子技術の発展と技術開発で、一気に一般利用者への認知度が高まり人気になりました。
予防安全技術の代表的なものに、ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)があります。電子的にブレーキを制御し、急ブレーキや滑りやすい路面でのブレーキングでのロックを防いでくれるシステムです。
また、トラクションコントロールという技術もあります。これは駆動にロスが生じた場合、人間の代わりにアクセルを自動で戻したり、ABSと連動することで、路面へ伝わる力をより大きく伝えることができるというものです。こように自動車の基本性能を向上させて、安全性を確保しています。
近年、電子制御技術の進化によって、この他にもさまざまな安全装備が登場しました。最新のレーダー技術や解析技術などとの組み合わせで、たとえば一定の車間距離の維持や、夜間走行で前方視界を確保し障害物を感知する仕組みなども実現化され、一部では既に採用が始まっています。

Comments are closed.