パッシブセーフティ技術のココがすごい!

アイランド02どれだけ事故を起こさないつもりで運転をしていても、車の運転を人間が行っている以上は事故をゼロにするということはできません。
事故を起こさないために必要なことはまずどれだけ事故を起こさないように気をつけるかということですが、その事故をゼロにすることが出来ない以上は事故が起きてしまったときの被害を最小限に抑える必要があります。

その考え方がパッシブセーフティと呼ばれるもので、事故を起こしてしまった時にどれだけ被害を軽減することができるか、各メーカーが常に新しい技術を持って開発しています。
もっとも、一般的なものとしてはシートベルトやエアバッグといったもので、これらは事故を起こしてしまった時に体が投げ飛ばされるのを防いでくれたり、車内に身体を叩きつけられるのを防いでくれる役割があります。

車自体も事故の衝撃を弱める工夫がなされていて、何かに衝突をすると車が潰れる代わりに乗員を保護する作りになっているのです。
そして、最近では自動ブレーキを搭載した車も登場してきて、何かに衝突を思想になった時に運転手が回避行動をとらなかったときには車が自ら判断をしてブレーキを踏んでくれて、衝突を未然に防いでくれたりあるいは衝突の衝撃を弱めてくれるといったシステムを導入した車もあります。

Comments are closed.