SRSエアバッグで安全な車内を実現

車の安全性能は車内の人間がいかに守られるかが重要です。特に事故時に車にぶつけられてくる衝撃をいかに抑えるかが重要です。そのため、車のボディで衝撃を吸収することの他にエアバッグと呼ばれる風船を使った衝撃緩和技術が発達しています。エアバッグは当初ただの風船であり、自己を感知後、爆発させるだけのものでした。しかし、SRSエアバックの登場でさらなる進化を遂げています。エアバッグは運転席のみに設置されている事が多かったですが、その後、助手席、サイドと設置箇所が増えています。それぞれのエアバッグは衝突を感知してすぐに開くようにできていますが、材質を変えることでこれまでのエアバッグでは救えなかった命も救えるようになってきています。ただし、助手席などで子供を乗せることがある場合は注意が必要です。身長によってはチャイルドシートをつけている場合も多いのですが、エアバッグの膨らむ大きさを考慮した設置が重要です。設置がおかしかったり、チャイルドシートが大きい場合には危険を伴います。メーカーに寄っては助手席にチャイルドシートを取り付けないことを推奨している、禁止していることもありますので取り付けの際は注意が必要です。

Comments are closed.