衝突被害軽減ブレーキのポイント

アイランド01交通事故を未然に防ぐことをアクティブセーフティーと呼びますが、その中でも最も大きな役割を果たしているといえるのが、衝突被害軽減ブレーキです。

これはレーダーなどの技術によって、他の車両や障害物などが車に接近しすぎているのを感知して、危険を防ぐために自動でブレーキを掛けるというものです。

これにより、衝突する前に自車が停止すれば事故を防ぐことができます。もし衝突してしまっても、自車のスピードを落としていますから、衝突時のダメージを少なくできます。

もちろんドライバーが手動でブレーキを掛けることができればベストですが、実際にはいきなり前を走る車が急ブレーキを踏んだり、ドライバーが脇見をしていることなどのケースも多いです。

そうした際にも、自動で衝突被害を軽減してくれるという、とても頼もしい存在なのです。

ところでその性能に関しては、車種によってさまざまです。おおむね高級車のものは性能が高く、高速度で走っていても作動するものが多いです。

一方、軽自動車などに搭載されているものでは、時速20キロ以内といった低速度で作動するものが多くなっています。

このように頼もしい装備ではありますが、やはり最後はドライバー自身の運転操作こそが事故を防ぎます。過信はしないようにしましょう。

Comments are closed.